投資マンション購入で不動産投資|投資ヘッズ | 不動産投資の相談をして後悔のない投資|投資ファンド

投資マンション購入で不動産投資|投資ヘッズ

金

投資マンションを購入する上での注意点

不動産投資として投資マンションの購入を考えている人は結構いますが、投資マンションを購入する上で注意するべきこととはいったい何でしょうか。 まず、投資マンションの立地です。投資マンションを購入する場面では、マンションの立地はとても重要です。駅前にあるか郊外にあるかによって人気度は違います。 次に空室対策についても考えておかなければなりません。2013年の時点でマンションやアパートなどの空室は全国平均で20パーセントを超えています。新築でマンションを購入するときはいいのですが、古くなるにつれて人気がなくなってきます。この時に空室が目立ってきますが、空室が出るようになったら売却をするのであれば、おおよその売却価格を事前に知らべて置くべきです。

見積もり価格が高い場合の注意点

もし、マンションを売却する時に注意をするのは、マンションに高値を設定してくる不動産会社です。 3社に見積もりを出した中で例えば3000万円、3200万円、3500万円と見積もりが提示されたらどれを選ぶでしょうか。普通は3500万円を提示した会社を選ぶはずです。ですが、3500万円を提示した会社は3500万円で売れると思ったから高額を提示したわけではありません。 ある程度高額に設定しておくことで、ライバル不動産会社よりも不動産物件が手に入る可能性が高いからです。 実際に3500万円で売った場合その額では売れるわけがありません。これは買主の立場に立てばわかりますが、わざわざ相場よりも高いマンションを購入するわけがないからです。結局どこで売っても同じ額で売れるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加